粕谷浩子プロフィール

粕谷浩子

はじめまして。粕谷浩子です。
自己紹介をしようと思うと、あまりにも自分がとっちらかっていて、
肩書も曖昧だし、居住地も転々としていてるし、何をしている…の説明もしにくいし、なんとまぁ「わやくちゃ」な人生でしょう。

目次

プロフィール

【名前】 粕谷浩子(かすやひろこ)
【生年月日】 1972年5月9日 51歳
【出身地】 香川県善通寺市
  でも育った場所は転々としていて、父が転勤族だったので、鳥取県、北海道 札幌市函館市、
静岡県、埼玉県、新潟県…と色んな場所で幼少期を過ごしています。
【趣味・特技】今は、おばあちゃんナンパ、バスの中でもお風呂でも、どんなトコでもおしゃべりします
地味に長く続いているのは、読書。この10年くらいは老眼でぐぐっと読書量が減りましたが、
 40歳くらいまでは1日1冊ペースで物語ばかり読んでプライベート時間を過ごしていました。
【職業】 コレが一番、説明しにくいのですが、お雑煮研究家でもあり、なんじゃこりゃハンターでも
あり、コンサルタントでもあり…自分でもよくわかりません。
  仕事にはあまり長期展望がなく、意識して「流されていく」ことを志向してます。(基本頑固なんで、
  興味のないことにはどーせ流されもしないんで)
  その時出会ったものから始まっていく方式で、職業そのものはどーでもいいや、な感じですw
【出版物】 『地元に行って、作って、食べた日本全国お雑煮レシピ(池田書店)』
   『お雑煮マニアックス(プレジデント社)』『青パパイヤのレシピ(池田書店)』

【出演メディア】 お雑煮に関しては、毎年年末年始にはアレコレ出ています。
  「マツコの知らない世界」「THE TIME」「グッドモーニング」等多数。

今の粕谷の暮らしぶり

粕谷浩子

今の粕谷は、根無し草みたいに、住むところも転々、オシゴトも転々。
「雑煮調査のため」なんて言ってはいるけど、
ホントのとこ、こういう暮らし方が快適だからなのかもしれないww

もともと、粕谷は幼少期から父親の仕事の関係で全国各地で育ってきました。
その過程で、ご当地雑煮の多様性も身近で知ることになったんですけどね。
ま、そういうわけで、自分が住む場所やら家やらに執着がなく、見知らぬ土地に単身飛び込むことにも、あまり抵抗がない方なのかな、と思います。

今は、以前のような雑煮レトルトのメーカー機能をやめちゃったので、移動も自由にできるようになったので、
東京を拠点にする必要がなくなり、2020年には福岡県筑紫野市に住まいを移して、そこを拠点に九州中ぐるぐる回って雑煮調べを始めました。福岡の後は、関西・北陸だな!と滋賀県長浜市に住まいを移動。特に餅のカタチが四角と丸の切り替わりどころの関ケ原近くに住みたかったんですよね。
そして、今は東北の山形市に在住。今年の4月には、更に北上して北海道に住まいを変える予定です。

住まいを転々とし始めた当初は、雑煮調べ以外の目的はなかったんですけど、色んな場所を巡っていると、やっぱり面白いものに出会っちまうものです。九州に住まいを変えた当初は、ちっとも考えてもいなかった『青パパイヤのレシピ』なんていう本を出すようなことが起こっちゃうんですよね。コレは熊本県玉名で青パパイヤ農家さんに出会ったところから始まったお話で、そんな出会いが次々と起こっていくものなんですよ。全国でお雑煮の話を聴くナンバを繰り返していく「副産物」ってヤツですね。各地で「なんじゃこりゃ~!」と叫びたくなるステキな出会いがあるわけです。

粕谷浩子

全国転々としていたら、そりゃあ、面白いモノにも出会っちまいますよねぇ。

あぁ、日本の郷土文化って面白い。ステキななんじゃこりゃが溢れてる。これからもどんどんなんじゃこりゃに出会いたい。こんな面白いもの知ってるよ!という方、是非粕谷に教えてくださいませ!

先のことはわからないけれど、もうちょっとこんな好奇心と共に暮らす生活を続けてみようかな、と思っている今現在の粕谷です。

粕谷のこれまで

ちびっこ時代

子供の頃から、本ばかり読んでました。

いわゆる文学少女。絵本の記憶はあまりないのだけど(きっと弟二人がいて忙しかった母は絵本を読み聞かす時間があまりなかったのかも(笑)。6歳まではテレビばかり見ていたそうですwww)、7歳の誕生日プレゼントにもらった「ヘレンケラー」と「エレン物語」でモジの世界にハマり込んでしまい、以来、ちびっこの粕谷は、モジから広がるひとりの世界に夢中になってしまいました。飽きもせず、毎日毎日物語が私の世界の一部になっていました。

・・・というと、夢見がちな少女ちっくでインドアな幼少期を過ごしていたようですが、ちっともそんな感じでもなく、「秘密基地づくりだ!」とか木に登って遊んだり、小学生時代はバレーボールの全国大会出場とか、飛んだり跳ねたりのオテンバ女子でした。中学時代は、上越で中三の一学期の夏まで過ごしましたが、そこでは陸上部。
高校は東京都内の都立高校 石神井高校では、男子の中で紅一点で柔道部に所属してました。(途中でバセドウ氏病で運動が出来なくなって辞めちゃいましたが。)

こんな具合で、昼間は目いっぱい体育会系な女子でしたが、毎日欠かさず物語を一冊読みあげるまでは眠らない・・・というような、どう言えば良いのでしょ?生活の一部に「物語を読む時間」があって、その時間は欠かすことが出来ないような、キチガイじみた読書癖がある30年間が今の私にしちゃったんだろーなーと思ってます。

父が転勤族でしたから、子供時代は転校がとても多くて、2年~3年ごとにお引越し、当然ながら仲良くなった同級生ともバイバイを繰り返していたわけですが、私はどこか淡々としたところがあって、環境が変わっても常に自分以外の物語が一体化している私には、さよならではなく「続き」があるような、不思議な感覚があったみたいです(笑)
今も住む場所を変えることに抵抗が全くないのは、子供時代からずっとこんな生活を送ってきたからなのかな、と思います。

SNSー随時更新しています。

X(Twitter)

https://twitter.com/hikoebi2

Instagram

https://www.instagram.com/ozouniyasan/

目次