月山 山菜そばを旭川の自宅で!

山形の西川町で、月山山菜そばを食べた時は驚いた。
「山菜ソバ」って言ったら、こんな感じのものを思い浮かべちゃうじゃないですか。

でも・・・、それが違うんですよ。

・・・もはや、山菜鍋!この鍋で二人分なのだから、食べても食べても山菜!
この鍋をつけ汁に蕎麦を食べるんですよ。

凄いわー、こんなインパクトある山菜蕎麦食べたことないわぁ。
そもそもこんなに山菜を大量に食べる機会もなかったわぁ、、、と驚いてしまったのである。

月山(がっさん)は、冬スキーが出来るぐらい、出羽三山の中でも最も標高が高いお山で、山菜も豊富なんです。
山形は尾花沢含め、蕎麦はあちこちで食べられるのだけど、このドカンとくる山菜の量には驚いちゃったわ。
この山菜蕎麦が家でも食べられたらなぁ、と思っちまって、商品化してくれるとこないかしらぁと思っちゃったんですよね。

もうちょっとで正式に商品化されるんだけど、その前に、
我が家に届いた♪

すぐに作っちゃいましたよ。
大量な山菜の水煮・鶏肉だけじゃなく、月山の水や、稀少な生の「月山茸(がっさんだけ)」も入っていて、

我が家の鍋に一杯の山菜。

二人分なのだけど、一人暮らしの粕谷、2食分でも食べきれず、残った山菜の具をおかずにご飯食べたり、
月山筍の天ぷら食べたり、3回に分けて食べちゃいました。


月山筍がやわらかくて、口の中できゅっきゅっとする感覚が気持ち良い。
贅沢だよねぇ~。
カラダが澄んでいくような気持ちになる、良いおウチごはんでございました!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次