みんなのお雑煮

HOME | お雑煮 | みんなのお雑煮

「食のものがたり」を一緒に掘り起こそう!

「食」って日常の小さな喜びだなぁ、と思うのです。 「ハレの日(スペシャルな日)」の食ともなると、それはより一層です。 私は、お雑煮の話をたくさんの方々から聴いて回る生活を何年も続けてきていますが、じっくりお話を伺っていると、それは小さな「ものがたり」のように、
語り手の家族、その土地の歴史にも思いがめぐる、背景に色がついた優しい時間となっていくのです。
誰かの物語を聴く時間って、なんて楽しいんだろう。
小さな幸福感が重なって、じんわりぬくぬくと温まっていくような感覚。この時間をみんなと一緒に共有できたら良いなぁ、と妄想するようになってきました。

一方で、私は焦ってもいるのです。 何にって、お雑煮の由来などのお話になると、例えば三角のお豆腐を入れる地域があるのですが、その地域を駆け回り何人にもお話を聴いても、昔からそうやって食べている・・・とだけで、「何故三角に切るのか」の理由を知っている方がいない、というようなことが起こってくるのです。
私の今までの経験からは、由来のお話を事細かにお話してくださる方の共通点は、水道やガスを使用する以前の生活、つまり戦前の時代に幼少期を過ごしていた方・・・90代以降のおばあちゃんおじいちゃんってこと。
戦前の暮らしを経験しているおじいちゃんおばあちゃんがお元気なうちに、お話を聴いておかなきゃ!と焦っているのです。 家庭料理というのは、継承が途絶えたら、びっくりするほどにあっさりと消滅してしまうのです。   「急がなきゃ!!!」
「私ひとりで聴き取ってまわるなんて悠長なことしてたら、途絶えちやうわ!」
急に私は焦り始めてしまったのです。
2022年11月に出版となった「日本全国お雑煮レシピ」(池田書店)という本の目的は、全国の方々に『地元のお雑煮を調べる仲間になってください~』と呼びかけたい!という熱望があって書いた本だったりするのです。   ちびっこたちを教育されている学校のセンセイ方、 生涯学習にたずさわれている方々、 JAさんなどの婦人会の方々、 商工会や青年会議所など地元の活動に取り組まれている方々、 一般のただただ好奇心旺盛な食いしん坊の方々、   全国ゆるやかに横繋がりになって、お雑煮から始まる「食ものがたり探し隊」・・・みんなのお雑煮プロジェクトに参加してくださいませんか?   ウチのお雑煮はこんなのだよ!」っていうメールだけでも、下記のフォームから送ってくださいませ!   まずは粕谷に繋がっていただいて、そこから、私が横つながり出来るようにコミュニティを作っていきますので、各地の「食ものがたり」を発掘・発信・情報共有できるゆるやかな取り組みを広げていけたらなぁ、と。 ね? なんか楽しいことが始まっちゃいそうな気がしません?   粕谷は、好奇心がちいとばかり強いだけの単なる食いしん坊です。 だから、お雑煮だけじゃなく、様々な食に興味津々で、お雑煮はちょっとした「郷土食文化の窓口?入口?」的に位置づけています。お雑煮の話から正月の楽しかった話が始まると、それが口火で、祭りの食の話やら、お祝いの食の話やら、楽しい食のものがたりがスタートするわけです。   「みんなのお雑煮プロジェクト」もスタートはお雑煮だけど、お雑煮に限らず、各地で細々食べ続けられている料理、かつてはあった料理、四季折々の行事食として食べられている料理、そんなものも一緒に発掘できたらステキ!   「食育」なんておこがましいけれど、ちびっこたちにも、私が味わった優しくてときめく時間をプレゼントしていきたい。 とにかく、まずは粕谷に繋がってくださいな! 食育に携わっているような人でもない普通の私が連絡なんてしちゃっていいのかな?なんてためらわないで!みんなで楽しんでいける取り組みにしたいのです。 粕谷いいかげんなんで、返信が遅かったりするかも・・・ですが、(ごめんなさいっ)ためらうことなく、ご連絡くださいね!

お雑煮情報大募集!

お気軽にお問い合わせください!
 
こちらから

[%new:New%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%article_short_40%]

 

みんなのお雑煮を教えてください!

 
お雑煮大募集!